硬度とは ~軟水、中硬水、硬水の違いと使い方~

硬度(軟水/硬水)ってなに??ミネラルウォーターの硬度って何かご存知ですか? 硬度とはミネラルウォーターに、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルがどれだけ含まれているか(mg/L)の基準です。含まれるミネラルが少ないと軟水となり、日本の水の多くはこれにあたります。一方、ミネラルが多い水は硬水、軟水と硬水の中間にあたる水が中硬水と呼ばれています。硬度の算出基準や分類基準は国によって異なりますが、日本では次の式が一般的のようです。
 硬度 =(カルシウム量mg/l×2.5)+(マグネシウム量mg/l×4)

日本の料理には軟水、肉の煮込みなど西洋料理には中硬水~硬水

軟水(硬度:1~100mg/L)

軟水(硬度:1~100mg/L)向き料理

お料理に使える♪

日本の水の多くはこの軟水にあたります。 ミネラル分は少なめですが、飲みやすく、風味を損ねないのが特徴です。都会の水がどうしても合わない、おいしくない!という方が、飲料水として以外に炊飯用やお味噌汁用にミネラルウォーターを使っている人も多いみたいです☆

  • 昆布やカツオだしの風味を引き出す
  • 日本茶、紅茶、コーヒー、ウイスキー等の香りを引き出す
  • 粉ミルク。
  • 炊飯にも向いている

軟水の一覧へ♪

中硬水(硬度:100~300mg/L)

中硬水(硬度:100~300mg/L)向き

コーヒーやお茶にも合います

軟水と硬水の中間にあたるのがこの中硬水。ミネラルが適度に含まれるが、硬水より飲みやすいのが特徴です。

  • コーヒー/お茶類、ダシ取りも問題なし
  • パスタをゆでる時
  • 鍋物、しゃぶしゃぶなどに向いている
  • 肉の煮込みなど臭みを抑え、煮崩れを防ぐ

中硬水の一覧へ♪

硬水(硬度:300mg/L~)

硬水(硬度:300~g/L)

スポーツ/入浴後のミネラル補給にぴったり

硬水のミネラルウォーターです。ヨーロッパの水は硬水が多く、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルを豊富に含んでいます。

  • スポーツ後/ダイエット中のミネラル補給、
  • 妊産婦のカルシウム補給、
  • 便秘の解消(サルフェートやマグネシウムの効果)
  • アクが出やすくなり肉の臭みを抑え、煮崩れを防ぐので、ビーフシチューなどの肉の煮込み料理、スープストックに適している
  • ※新生児は腎機能が弱いので硬水は与えない

硬水の一覧へ♪

Comments are closed.